スタッフ紹介

  • 西村 一法

    (にしむら かずのり)
  • 本社/工事部
    2012年入社

人と喋るのが好きで打ち解けるのが得意

入社理由、決め手は?

高校時代まではプロ野球選手を目指していましたが挫折し、自衛隊に入り3年間海上自衛隊として水上艦艇に乗っていました。自衛隊を任期満了の後、大工の仕事もしていたのですが、喋るのが好きで営業もでき、身体も動かす仕事がしたいと思い監督という今の仕事を選びました。

実際監督になって……
職人さんに指示したりするのにも頭を使うし、わからない事だらけで今までは頭を使うことより身体ばかり使ってパソコンも使ったことなく、見積りをしたり図面を拾うのに計算が必要で入社したての2・3ヶ月は本当に大変でした。

今の仕事内容(現場)を簡単に教えてください。

本社勤務で外部のお客様、出張も行くことが多いので新規のお客様から工事の依頼を頂いて現場説明を受けて見積作成や工程を組んだり、打ち合わせをして現場の材料を用意したり職人さんの配分をして工事をしてます。

現場内での職人さんの安全管理、そしてお客様との日々のコミュニケーションも大切にしています。

工事をしてお客様にどんな事で喜んでもらえたり感動してもらたか?

保温の外装である板金を何回も取り外しするため、取りやすい形にしておいて欲しいと言われるときにビスでとめるよりはパッチン錠で止めておくと誰でも簡単に取りはずしできますよと提案した時は喜んでいただけました。

お客様が知らないことも沢山あるので、私たちが知っている色んな知識を提案したりお客様の予想を超えたり、理想の工事をした時は一番喜んでもらえたんじゃないかなと思います。
出張によく行っている西村、出張に行くことは元々嫌なイメージがなかったので全く苦にはならなかったという。

実際に初めて行ってみると……
初めての出張は近くに上司も居ないし聞ける人が居なく、何でも1人でしないといけないため大変だったけど、色んな気づきもあり良い経験にはなりました。お客様でも色んな人(出会いも)がいるから楽しい。しんどい・辛い時は子ども(家族)のことを思い出すと大抵のことも乗り越えられます。

仕事をする上で大切にしていることは

「一期一会」お客様・職人さんはじめ、全ての人との出会いを大切に。

初めての出張の話です。材料も全て段取りをしてお客様にも「明日お願いします」と連絡をして当日現場に行くと、その日に何も仕事ができなかったことがありました。仕事がないので職人さんには帰ってもらい、初めての事で自分も緊張・プレッシャーしていてピリピリしてお客様との打ち合わせでは険悪になってしまいました。

そんな出来事があったからこそ、今では何回もお互い納得のいくように打ち合わせをするようにしています。現場では予想外のことが起きます。その時はお客様と時間をかけて打ち合わせを繰り返すとお客様も協力的になってくださり、やりやすくなるしスムーズに工事もできます。ちなみに、険悪になってしまったお客様とは今では仲良く仕事をさせて貰っています。

新人の頃は、初めて現場をひとりで任されて工事完了した時は達成感がありました。今では初めてのお客様から仕事をもらい工事完了して達成ではなく、その同じお客様からまた次の仕事の依頼が来た時に初めて達成感を感じています。お客様の本心を知るためには信用が必要なのでコミニケーションを大切にしています。

出張に行くことが多いので、出張先ではお客様だけでなく町の人との出会いもあります。色んな出会いで輪が広がり繋がりも増えるので今ではすごいやりがいを感じています。出張先(秋田県)で釣り人に出会い声をかけてみたら漁師さんで仲良くなり、鮫の刺身を頂いて食べたら美味しくて感動したことが昨日のことのように思い出されます。その漁師さんとは今でも仲良くさせてもらってます。

プライベート(趣味やはまってること)

最近はまっていることは畑を始めたこと。きっかけは新型コロナの影響で自粛する必要がでてきたこともあり、子どもと一緒に何か長く続けて出来ることはないかなと考えて始めました。
仕事が忙しく帰りが遅くなる時はひとりで畑を見に行っていますが、休みの日は子どもも一緒に畑に行って手伝ってくれています。育てているのは子どもが苦手なオクラやトマトで、一緒に野菜の成長を見て育てて、それを収穫して子どもが野菜嫌いを克服してくれたら子どもの成長にも繋がるのかなと思います。

家族には出張に行って寂しい思いをさせることがあるので、一緒に居れる時は子ども中心で一緒に過ごしています。

プロフィール

にしむら かずのり 1986年生まれ。大阪府岸和田市出身。仕事では全国各地出張に行きます。 趣味は多趣味で畑耕したり、野球、キャンプ、沖縄旅行、沖縄で購入した三線を弾いたりしている。